安眠マニアはマットレスが見逃せない
2019年4月12日

布団のクリーニングの方法

ほぼ毎日使用する寝具には、寝汗やほこり、ダニなどによる汚れがついています。

これらの汚れに対処するために、天日干しにする以外にも、布団の清潔さを保つ方法がいくつか存在します。マンションなどで干すことができないということも起きえますし、また、干すだけでは不安を感じる際にも有効なクリーニングの手段として、それらの方法を紹介します。まずは、洗える布団を用意し、自分でクリーニングする方法があります。もともと自宅で洗える商品を用意して、洗濯機や浴槽などで洗う方法です。

自宅で行えるので、好きなときに、コストをかけずに行えますが、洗って水を吸った布団は重く、干す場所まで運ぶのは重労働となるうえ、しっかり乾燥させることができないと、かえって雑菌などの繁殖を許す結果となります。次は、専門のクリーニング業者に頼むという方法です。寝具を専門に扱う業者も数多くあり、素人が自宅で行うよりもはるかにきれいに汚れを落とすことが可能です。しかし、時間とコストがかかるというデメリットがあります。

時間がかかれば代わりの寝具を貸し出してくれるところもありますが、貸し出しは有料という業者もあります。最後は、布団掃除機です。購入の際、一時的に大きなコストがかかりますが、優良な商品であれば、天日干しよりも清潔が保てるという商品もあります。買ってしまえばいつでも使えますが、洗浄力という点では、やはり洗濯や専門の業者には劣ります。このように、いくつかクリーニングの方法はありますが、それぞれ特徴があります。急ぎなのか、日々のお手入れなのか、ひどい汚れを落としたいのか、コストや手間とのバランスを見て比較し、目的に応じて使い分けることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *