安眠マニアはマットレスが見逃せない
2019年7月3日

マットレスの買い替えの際は品質の良いものを

通常、ベッドで使用するマットレスの寿命は10年程度と言われています。

つまり、定期的に交換時期が来るということですが、そのサイクルは車と同様に長めです。一度購入すれば、しばらく使い続けることになるので、交換時期が来たら良いものを選びたいものです。見た目は同じようでも、マットレスの性能や品質は年々進化しています。少なくとも買い替えの時期が来た際には、今使っているものと同等のものか、できれば品質の良いものに交換することをおすすめします。

そうすれば満足のいく質の良い眠りを手に入れることができるようになります。マットレスの品質は価格に比例すると言っても過言ではありません。数万円台のものから20万円以上するものまで、同じメーカーのものでもかなり価格に幅があります。シングルベッドであれば、10万円が一つの目安と考えて良いでしょう。20万円前後のものであれば、最高品質が約束されています。

ところで、マットレスは構造上大きく2つに分けることができます。一つはボンネルコイル式と呼ばれるもので、1つのコイルを繋ぐことで面で体を支える構造になっています。寝心地は少し固めですが、耐久性があり体が沈み込むことがありません。もう一つはポケットコイル式と呼ばれるもので、こちらは一つ一つのコイルが独立しています。そのため点で体を支える構造になります。体のラインにそってスプリングが沈み込んでくれるので、ボンネル式よりも寝心地が良いものが多いですが、耐久性は劣ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *