安眠マニアはマットレスが見逃せない
2019年7月9日

マットレスがへたってきたら

仰向けで寝たときに体にかかる荷重の割合は、腰の部分が最も大きく約44%、次に肩から背中にかけて33%、そして足が15%で頭が8%となります。

腰に最も大きな力がかかるために、この部分からマットレスがへたってきます。毎日使い続けると、腰の部分がへこんできて、明らかに他の部分と高さが違うようになってきたら寿命と考えたほうが良いでしょう。マットレスがへたってくると、当然寝心地も快適ではなくなってきます。

どんなに高級なものであっても寿命は必ずやってきます。もちろん、そのまま気にしないで使い続けることも可能ですが、朝腰が重く感じたり、肩が凝ったりなど、快適な睡眠ができなくなり、それが原因で次の日の調子も良くないということにもなりかねません。元気で健やかな毎日を送るためにも、質の良い睡眠をきちんととることが大切なのです。マットレスに寿命がやってきたら、そのまま使い続けるのではなく、迷わず買い替えをすることおすすめします。

最近のマットレスは品質がよくなっていますので、買い替えた効果をすぐに実感することができることでしょう。その際には今まで使用していたのと同等程度か、それよりも良いものを選ぶと不満が出ることも少ないです。寿命が来てへたってしまっていても、体は古いマットレスになじんでいるので、新しく買い替えると寝心地が悪く感じることもあるかもしれません。その場合は徐々に慣れてくるので、心配ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *