格安SIMはどのような特徴があるか

###Site Name###

格安SIMは大手キャリアの通信設備を借りることでランニングコストを削減し、高品質のサービスを安価で提供しているのが大きな特徴です。

データ通信のみの契約もできるので、音声通話を利用しないサブとして使ったり、データ通信を使った通話を利用するのであれば非常に安くなります。
音声通話は大手キャリアと同じと言われていますが、異なっている格安SIMもあるのでどのような通話になるのか確認してから選びましょう。

普通の通話をする場合には大手と同じ回線ですが、時間に応じた料金が発生するので高いです。



通話アプリを使用する方式では割安になったり定額で利用できるので便利ですが、電話番号が表示できないものがあります。

ビジネス目的で使うのに適していませんが、プライベートでも相手側に誰がかけたのか分からない電話に出る負担を強いることになるため、確認をしておいた方が良いでしょう。
格安SIMは高速のデータ通信に対応していますが、利用者の数で速度が変化する特徴があります。

昼頃は会社や学校の昼休みになり、一斉に使用されるので速度が低下する傾向があり、安定した高速通信ができないと困る場合には不便です。ただし、これは大手キャリアの通信回線を使用する場合であるため、wifiを使えるのであれば全く問題ありません。



wifiであれば通信量も加算されないので安い料金プランを適用できます。

利用できる端末の種類も多いですが、格安SIMごとに対応している機種が異なるので注意しましょう。



料金を抑えたいという考えに反しますが、希望するのであればハイスペックで高額な端末も使えます。